加西店コラム

二世帯住宅加西

2019.07.08

プライバシーを保つ完全分離型二世帯住宅

親世帯と一緒に住まう二世帯住宅は、もちろん大変なことはありますが新しい生活の手助けをしてくれるので安心ですよね。注文住宅を新築で建てようと思うとお金もたくさん必要になりますし、親世帯と折半する二世帯住宅の購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家族単位でプライベートを分けたい方におすすめなのが完全分離型の二世帯住宅。近年注目を浴びている完全分離型二世帯住宅とはどのような注文住宅なのか、メリットと一緒に解説していきます。

二世帯住宅加西

 

 

完全分離型二世帯住宅とは?


二世帯住宅の中には、世帯別に玄関から完全にわけてしまう完全分離型という注文住宅も存在します。
家族とはいえども他人同士でもあるわけですから、すべての居室を共用にしてしまうとギクシャクしてしまうこともあります。お互いに干渉しすぎない適度な距離感で接するには、この完全分離型の二世帯住宅がベスト。
近年核家族化が進み、家族の規模が縮小しています。二世帯住宅では大家族になってしまいますので、大人数での共同生活に慣れていない方には、完全に住居を独立させた完全分離型二世帯住宅が人気です。

 

 

二世帯住宅のプライバシーを保つ


二世帯住宅の間取り

完全分離型の二世帯住宅の一番のメリットは各世帯のプライバシーを確保できることです。
核家族が多い日本の中で、いきなり同居をはじめるのは多くのひとにとってハードルが高い事柄でしょう。二世帯住宅で一番気になるのはどこまでプライベートな空間を親世帯と共有できるか。
いくら家族であっても、一緒の家に住んでいると価値観の違いや諸費用をどう折半するのかなど、諍いの種が増えてしまいます。完全分離型の二世帯住宅を建てることでそういった事態を防ぐことにもなります。

 

 

後々借家にすることも可能


二世帯住宅を完全分離型にすることは、将来部屋が空いた時に借家にすることもできます。あるいは、兄妹がいるのなら新しく住むことも可能ですし、将来も見越した注文住宅でもあります。

 

 

適度な関わり


プライバシーを保つこととは別に、親世帯と子世帯の生活をお互い手助けできるのも二世帯住宅の嬉しいメリットです。
完全分離型だからこそ、適度な距離感を保ちながら子どもを預かってもらったり夕食を共にしたり、そして親世帯も万が一の時にすぐ助けを呼べる距離でいることは安心材料になります。

今回は完全分離型の二世帯住宅をご紹介しましたが、一階は親世帯、二階は子世帯といったように半分離型の二世帯住宅を建てることも可能です。お互いの世帯で綿密に相談を重ねて、お互いにストレスのない注文住宅を建ててみてくださいね。

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップへ戻る