加西店コラム

和モダン加西

2019.12.09

懐かしく新鮮な和モダンな注文住宅のコツ

注文住宅の家づくりはより快適な暮らしを送るために大事な基礎となります。中でも、内装に大きな影響を及ぼす家具やインテリア。どんなものを注文住宅に使うと良いのか悩むところですよね。
その中でも、日本古来から親しまれている和を取り入れた和モダンスタイルの注文住宅の魅力をご紹介していきます。洋と融合した自由なインテリアスタイルの和モダンという言葉はよく見聞きしますが、実際の注文住宅ではどのような定義で使われているのでしょうか。

 

 

和モダンの定義


和モダン加西

日本で愛される和のテイストに、「現代的」「当世風」といった意味をもつモダンを加えた和モダンスタイル。明確な定義はありませんが、瓦や漆喰、無垢材、畳などといった和のものを積極的に注文住宅にとりいれたデザインのことを指します。
和の伝統と欧米のモダンスタイルを融合させたもので、温もりがありながら、静けさや爽やかさをも追求した近代的な注文住宅になるデザイン手法のひとつですね。

 

 

木のぬくもり


なんといっても和モダンの主役は木。手触りはもちろん断熱効果や湿度を適度にしてくれる調湿効果、反射する光の強さを和らげてくれる効果など、その特色と風合いから親しまれている木材は注文住宅の空間を優しく包みこんでくれます。

 

 

ロースタイルでくつろぐ


和モダン加西

和モダンの大きな要のひとつである家具は、低めのものを揃えるとぐっと注文住宅の部屋全体が広く感じられます。ローテーブルやローソファ、ローベッドなど最近ではお手頃な価格で手に入るのが嬉しいですね。
特にローテーブルで食事をする時は、洋のダイニングテーブルよりも隣同士の距離が近く、自然と触れ合うことでコミュニケーションを手助けしてくれます。

 

 

グリーンで和を演出


和モダンスタイルを簡単に注文住宅に投影するコツは、薄いグリーンを取り入れることです。畳の色に似たライトグリーンのカラーは、木との相性もバッチリ!
目にも優しい色なので、少し色を足すだけで落ち着く注文住宅の空間が完成します。アクセントクロスやカーテンなど、面積の大きいものにグリーンを取り入れると一層和モダンスタイルに近づきます。

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップへ戻る