加西店コラム

リビング階段のある間取り

2019.01.07

リビング階段のある間取りメリット4つ!

家を建てる時、もっともポピュラーである二階建てのお家で人気の間取りのひとつ、リビング階段

二階の部屋に上がるためには必ずリビングを通らなければいけない間取りとなっているリビング階段は、家族とのコミュニケーションがとれるため、家の間取りのひとつとして提案されますよね。
最近のモデルハウスでも、リビング階段のある間取りのものが増えてきました。

今回はそんなリビング階段の間取りのメリットについてご紹介していきます。

 

リビング階段とは?


階段と間取りは密接に関係していて、家のどこに階段を配置するかによって印象がガラリと変わります。
リビング階段は、その名前の通りリビングにある階段のことを言います。

このリビング階段が人気になったのはここ数年。今でこそポピュラーとなったリビング階段ですが、もちろんその人気の理由があります。

リビング階段のある間取り

 

 

リビング階段のメリット4つ


家族の顔を見る機会が増える

リビング階段のある間取りのメリットといえば、家族の顔を合わせる回数が増えることです。

2階に上がるためには必ずリビングを通るため、お子様が帰宅したこともすぐわかります。また、お子様が大きくなって「ただいま」となかなか面と向かって言ってくれなくなった時も、リビング階段の間取りだと顔を見ることができるので安心しますね。

自然と家族のコミュニケーションがとれることは、リビング階段の最大のメリットと言えるでしょう。

 

 

リビングが広く見える

リビングの中に階段を作ると平面的だった空間に凹凸ができ、部屋が広く感じられます

階段を作るには、2畳程度の面積が必要です。リビングの大きさをそのままに階段の2畳分が増えることで、実際に空間も広くなるという寸法。
また、階段の下に収納スペースを作ると、リビングの収納が増えて一石二鳥ですね。

階段が空間のアクセントとなり、オシャレに見えることも人気の理由のひとつです。

モデルハウスリビング

 

 

明るい階段になる

家の中に階段を作る時に気をつけたいのが採光。
リビング階段ではない通常の階段の場合、構造上多くが光を取り入れる間取りにならずに暗くなってしまいます。日が落ちるとすぐに足元が暗くなり、怪我をする危険性も高まります。

一方、リビングにある階段だと、リビングの光を取り込み足元を気にすることなく上り下りができる明るい階段になるのです。
わざわざ階段のために大きな照明を設置せずに済むので、節電にもなりますね。

 

 

2階とすぐにコンタクトがとれる

意外と便利なのが、2階にいる家族に声が届くこと。

家の中心となるリビングを経由して1階、2階と繋がりが生まれるリビング階段のある間取りは、階が違っても簡単にコミュニケーションをとることができます。

たとえばご飯ができた時、わざわざ廊下に出ることもなくその場で「ご飯できたよー」と声をかければ家族に届きます。
スムーズにコミュニケーションがとれるため、「リビング階段にしてよかった」という声をたくさんいただきます。

家具と観葉植物

 

 

リビング階段は家族をサポートする間取り


ひとことで階段といえど、様々な形状のものがあります。
単なる1階、2階を行き来するものではなく、家のアクセントになったり広さや収納を確保したりと、家を支える大事な間取りでもあります。

理想のライフスタイルに合わせて、階段のある間取りを考えていきましょう。

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップへ戻る