加西店コラム

見守りキッチン加西

2019.08.11

キッチンはオープン?クローズド?種類別でご紹介

一戸建ての住まいを考える時、どの部分を重視しますか?家族みんながくつろげる広いリビング、お昼寝が気軽にできる畳コーナー、家族と顔を合わせる機会が増えるリビング階段……。ライフスタイルや理想の住まいは様々です。その中でもキッチンスペースはどのご家庭でも気になるところ。
特に家事をする人にとっては、一日のほとんどをキッチンで過ごすことになります。キッチンは住まいの主役と言っても過言ではありません。一戸建てで理想のキッチンを手に入れるために、キッチンの様々な種類について詳しく解説していきます。

 

 

おしゃれ度UP!アイランドキッチン


アイランドキッチン加西

アイランドキッチンは、そのネーミングの通り”島”のように独立しています。壁に面していないオープンなキッチンなので、友人を招いてホームパーティをしたり、家族みんなで料理をするご家庭にぴったり!
壁がない分、キッチンスペースがあるというよりも、リビングの一角にキッチンがあるというイメージになります。そのため、他の種類のキッチンよりも、空間を壊さず広々と使えるのが特徴です。

 

 

子育てママに人気のペニンシュラキッチン


ペニンシュラキッチン加西

ペニンシュラは”半島”という意味。キッチンのどちらか片方を壁につけた、半アイランドキッチンとも言えるペニンシュラキッチンは、子育てのご家庭の方に一番人気があります。
アイランドキッチンよりも面積が少なくて済むペニンシュラキッチンは、対面式にすることで子どもの様子を見守りながら家事ができます。また、完全に独立しているわけではないので、お掃除もしやすい設計になっています。

 

 

使いやすさNO.1!壁付けキッチン


壁付けキッチン加西

壁側にぺたっと取り付けた壁付けキッチンは、最小限のスペースで賄うことができる昔ながらのキッチンです。動線も最も短く、コンパクトで済むことから忙しいご家庭や狭小地にもおすすめ。
クローズキッチンとも呼ばれる壁付けキッチンは、オープンキッチンとは逆に壁に向かって立つため、室内を見渡すことは出来ません。しかし、料理に集中しやすいことや常に綺麗な状態をキープしなくとも隠せることといったメリットがあります。

 

 

良いとこ取りのセパレートキッチン


セパレートキッチンは、シンクとコンロが分けられたキッチンのことを言います。壁付けキッチンのメリットと、オープンキッチンのメリットの両方を持ち合わせたキッチンです。
自分の使いやすい距離や使う頻度に合わせてシンクとコンロの距離を決めることで、より効率よく家事をこなすことができます。

 

 

料理好きには独立型キッチン


独立型キッチン加西

独立型キッチンは、ひとつの部屋としてキッチンスペースをつくる設計になります。室内で完結しているため集中のしやすく、匂いや音漏れの心配もありません。収納スペースも確保できることから、料理好きの方におすすめのキッチンです。

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップへ戻る