加西店コラム

三階建て住宅のメリット加西

2019.08.24

狭小地でも室内を広く暮らしを楽しむ三階建て

都市部では土地の販売数が少なく、地価も高いのでなかなか広い土地を確保することは難しい。そんな都市部では特に三階建て住宅が人気です。都市部の利便性を活用して、居住スペースを広くするにはフロアを増やした三階建て住宅が最適です。
しかし、一戸建ての注文住宅は二階建てのイメージが先行し、なかなか三階建ての一戸建てに手を出しにくい方も多いのではないでしょうか。今回は三階建て住宅のメリットをご紹介していきます。

 

 

三階建てと二階建て


一戸建ての注文住宅を建てる時、二階建てと三階建てで悩む方は意外と多いのですが、やはり二階建てのイメージが強いためにためらう方もいらっしゃいます。
三階建て住宅は強度が弱いのではないか、地震で倒壊してしまうのではないか、といった心配の声もありますが実際はそんなことはなく、二階建てよりも細かな基準が決められているため安全です。では、三階建ての家にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

土地をとことん活用する


三階建て住宅のメリット加西

三階建て住宅は、同じ土地の面積でも二階建てよりもスペースを確保できることから、都市部などの狭い土地や高低差のある土地にも有用です。
単純にフロアがひとつ増えることで、自由に使える場所が増えることは、狭小地では嬉しいポイントです。また、一階部分をガレージにすれば、駐車場分の土地をなくし他の予算にまわすこともできます。

 

 

日当たり良好


まわりが二階建ての住宅ばかりでは、室内に光が届かないこともあります。
それを打破するのが三階建て住宅。周りの家よりも高さがあれば、角地ではなくても日光を取り入れることができるので部屋全体が明るくなります。日光が家の中を照らすことは、とても大切なこと。室内が明るければ気分も浮上し、心身の健康にもつながります。

 

 

生活空間を区切りメリハリをつける


一階はお風呂や洗濯室といった生活に必須な水回りや収納、二階は家族全員が集まり団らんできるくつろぎのフロア、三階は家族ひとりひとりの個室でゆったりとプライベートを楽しむ、といったようにフロア毎にわけることができるのも三階建ての一戸建ての良いところです。
また、一階をまるまるインナーガレージにすることもできるので、駐車する土地を余分に購入することもなくコストの削減にもなります。

 

 

二世帯住宅としても◎


三階建て住宅のメリット加西

三階建ての家ならば、親世帯と同居する時もプライベートをお互いに守って程よい距離感で関係を築くこともできます。一階部分を親世帯、二階は共同スペース、三階は子世帯といった風に分けるのもひとつの手ですね。
フロアが別であることは、音や話し声なども遮断してくれるのでプライバシーも守ってくれます。

関連記事

こちらの記事も人気です

ページトップへ戻る